2012年04月01日

作品459-2 『やいやい言うナ!』 不愉怪人ヤッカイダー

    
   あれは、1年前の4月。
   わたくしは一本の電話で呼び出された。

   呼び出した相手から聞かされたのは、
   この世に、人を不愉快にする生物が存在している事実であった。
   その者は、人の姿をして社会に溶け込んでいるつもりになっているそうで、
   社会に厄介をかけまくり、しかも許されていると思っている厄介者である。

   そこで、結成されたのが、秘密組織 厄介者撲滅班
   彼らは、何名で組織されているかも明かされておらず、普段はそれぞれが
   職に付きながら極秘で任務についている。

   そして、
   彼らの追っている人を不愉快にする生物のコードネームは
   




   わたくしは、厄介者撲滅班 Eradication team Yakkaida 通称E.T.Y.から協力要請され、
   ヤッカイダーを誘い込みFM877の番組を持たせてもらうと言ういわゆるおとり捜査のおとり役を4月からしている。
   この10ケ月の間で、ヤッカイダー左手人差し指にしている指輪に見せかけた輪っか
   何かヒミツカギがあることも分かって来ている。

   しかし、ヤッカイダーの振る舞いは相も変わらずにいた。
   
   噂の東京決戦を終えた?はずの週明けに、一通のメールが届いた。。。
   『水曜日、緊急FM局集結せよ。』との内容であり、送り主は”ダンディー”男・竜司からであった。

   最終作戦である東京決戦の報告なのか・・・
   しかし、名目は番組収録であり、ヤッカイダーも時差はあるがやってくる・・・
   作戦は失敗したのか?







No.457 [不愉怪人ヤッカイダー]②・No.448 [すみちゃんの野望](友情出演)より (C) BoB Project 2012 

   また、
   東京決戦に意気込んで行った王子は無事なのか・・・? 
   アジトに潜入していた女性ことすみちゃんはどうなったのか・・・?
   
   と、確認することが一杯なまま、水曜日を迎えた。




早速、いつもの様に
何気にスーッと現れた"ダンディー"男・竜司は、喋り始めた。

『我々は、ヤッカイダーが東京の「自称占い師」事件を
 イイことに罠をしかけているとの情報を早くから掴んでいたんだぜ。』


そんなことは知っている。わたくしに、自称占い師を調べさせたではないか。
 とわたくしは心でツッコんでいた。

『そこで、我がE.T.Y.と関係ありそうで実は何も関係のない、王子が東京に遊びに行くので
利用させてもらい、あたかもE.T.Y.は東京に集中している様に思わせたんだぜっ。』


えーっ?!  王子は変身モノのヒーローでも無く、E.T.Y.の関係者でも何でもないっ?!

わたくしの思いは何処吹く風の如く、男・竜司淡々と話続けた


No.459 [不愉怪人ヤッカイダー]① (C) BoB Project 2012

   『アジトに潜入していたすみちゃんヤッカイダー細菌B型に侵され、実はE.T.Y.系列で
    東京にある病院にて治療中なんだぜ。』

 
   では、完全に東京決戦カモフラージュだったのか・・・ しかし、ヤッカイダーはなぜ東京に目を向けさせたのだろうか?
 
   そんな疑問も、すべてE.T.Y.理解していた。

   ヤッカイダーは、
     まず、ヤッカイダー細胞の研究第一人者である、カタ・マロニー博士を狙い中毒にしてしまい、
     それと、同時にヤッカイダーの手口を真似た、只の愉快犯である「自称占い師」を利用し
     東京へE.T.Y.を集中させたんだぜ。』

     
   『それで、ヤッカイダーは何週にも渡り「東京へ行きたい。」と言うてたんかぁ。
      しかし、その間に何したいんやろか?』
わたくしが言うと

   『Hey! You 話はまだ、終わっちゃいないぜっ!!』と怒られ、話は続けられた。
   
   ヤッカイダーは、ヤッカイダー細菌全種の抗体を生まれながら持っている人物がいることに
    早くから気が付いていたんだぜ。
    それで、その人物に近づき、その人物の生活を奪い取ろうと考えたんだぜ。
    その人物が、邪魔で使用が無いんだろうぜっ!!
    今回は、"レディー"Naoからの情報で、手薄になったカモフラージュをし、油断させ
    その間にその人物を保護していたんだぜ』


   そして、その人物が発表された。     




   なんと、生まれつき抗体を持った人物と言うのは、
   『DJ・Chizuko』先生であった。。。

   細菌系が一切効かないChizuko先生には
   本業である英会話教室の生徒に成りすまし
   FMの放送で、生徒であることを公言した上、
   英語の読み方、発音をメチャクチャにするという営業妨害をしていたのだ。

   E.T.Y.東京に集中させている間に、
   ヤッカイダーChizuko先生次なる手を伸ばそうとしていたと言うのだっ。




No.459 [不愉怪人ヤッカイダー]② (C) BoB Project 2012

   今回のヤッカイダー陰謀は、E.T.Y.カモフラージュ作戦により破られた。
   重要人物であるChizuko先生も守られた。流石は、E.T.Y.

   しかし、
   この後驚く事実が、男・竜司から告げられた。。。

   は、ヤッカイダーはもう一体いるんだぜっ!!
    しかも、近々、その二体接触するのでは、、との情報だぜっ!!!』


    

No.459 [不愉怪人ヤッカイダー]③ (C) BoB Project 2012

   なんと、ヤッカイダー二体いたとは・・・
   そして、
   その二体接触。その時こそが、E.T.Y.最終決戦だと言うことなのか・・・

    
    このミッションはまだまだつづくのである。。。


*******************************************************************************************************************************
 この作品はフィクションです。登場する個人・団体・施設名等は架空のものであり、あくまで創作に過ぎません。
 しかし、
 これをただの作り話と受け取るか、不愉怪人の仕業と捉えるかは貴方に委ねます。
  

制作/著作 2012 (C)BoB Project