2012年04月15日

作品464 『やいやい言うナ!』 不愉怪人ヤッカイダー

    
   あれは、1年前の4月。
   わたくしは一本の電話で呼び出された。

   呼び出した相手から聞かされたのは、
   この世に、人を不愉快にする生物が存在している事実であった。
   その者は、人の姿をして社会に溶け込んでいるつもりになっているそうで、
   社会に厄介をかけまくり、しかも許されていると思っている厄介者である。

   そこで、結成されたのが、秘密組織 厄介者撲滅班
   彼らは、何名で組織されているかも明かされておらず、普段はそれぞれが
   職に付きながら極秘で任務についている。

   そして、
   彼らの追っている人を不愉快にする生物のコードネームは
   




   わたくしは、厄介者撲滅班 Eradication team Yakkaida 通称E.T.Y.から協力要請され、
   ヤッカイダーを誘い込みFM877の番組を持たせてもらうと言ういわゆるおとり捜査のおとり役を4月からしている。
   この10ケ月の間で、ヤッカイダー左手人差し指にしている指輪に見せかけた輪っか
   何かヒミツカギがあることも分かって来ている。

   しかし、ヤッカイダーの振る舞いは相も変わらずにいた。
   
   ヤッカイダーは二体居る。」衝撃の事実を告げられ2週間が過ぎた・・・

   その間、
   ヤッカイダーは、東京の時の様に今度は、四国に場所を変え注目を集める為、番組OAでも
   「四国、四国」と事ある度に連呼していた。
   
   しかし、E.T.Y.からは事前に四国に我々を集中させるおとり作戦であり、
   その間に、ヤッカイダー二対は接触しようと言う腹積もりであると情報が入っていた。

   なので、「地元の強化を継続し、四国は無視せよ。」との通達と、次回連絡まで
   ヤッカイダー細菌B型を駆除すべく休用する様にとの心使いが出た。

   やはり、
   2週間ヤッカイダーとの接触が無いと体調は回復する。

   
No.464 [不愉怪人ヤッカイダー]① (C) BoB Project 2012

   首から左肩も随分と回復して、わたくしの気分も良くなり、
   季節はやっと、になっていたことに気が付いた。

   『このまま、ミッションは完了してしまえばいいのに・・・』と考えていた矢先に、
   E.T.Y.から番組収録と言う建前の招集命令が下された。

   そして、
   ヤッカイダーより早めに局入りしたわたくしを、
   ゛ダンディー゛男・竜司゛レディー゛・nao敏腕コンビが待ちかまえていた。
   しかし、
   いつもの感じでは無く、男・竜司レディー・naoに春なのか心配りをしているかに見えた。

   
No.464 [不愉怪人ヤッカイダー]② (C) BoB Project 2012

   それは、ヤッカイダーとの関わりも無く、何の異常もきたしていないことを示していた。
   そうなのだ。

   ヤッカイダーとの関わりさえ無ければ、ヤッカイダーの存在が無ければ、
   皆、平和に過ごせていけるのだ。

   そう、痛感していると、
   男・竜司がしゃべり始めた。

   『ヤッカイダー現在まで、数回二体接触みているんだぜっ。』
   『あかんやんっ!! エライことなるでっ。』
   『いやっ、問題無いですワ。想定内ですワ。』

      
No.434 [不愉怪人ヤッカイダー]②・No.464 [不愉怪人ヤッカイダー]③ (C) BoB Project 2012

   ヤッカイダーに、カタ・マロニー博士を細菌で葬ったかの様に見せかけ
    博士は、海外にある組織内の施設で、もう一体のヤッカイダーを完成させたんだぜっ。』

   
   『え~っ? 訳わからん。』わたくしパニックっていると、

   『後は、わたしから説明しようではないかっ!!』ある人物が現れた。

   
No.464 [不愉怪人ヤッカイダー]④ (C) BoB Project 2012

   その姿を見た、男・竜司
   『さっ、さっ、最高司令官っ?!』と言った。
  
   この人が、E.T.Y.最高司令官なのか・・・

      
    このミッションはまだまだつづくのである。。。


*******************************************************************************************************************************
 この作品はフィクションです。登場する個人・団体・施設名等は架空のものであり、あくまで創作に過ぎません。
 しかし、
 これをただの作り話と受け取るか、不愉怪人の仕業と捉えるかは貴方に委ねます。
  

制作/著作 2012 (C)BoB Project