2013年08月15日

作品630 大峯流空手道・和広部 第参章 ケンシロー外伝

今週は”お盆”の為、本部道場練習はですik_75
ので、お送りします・・・











大峯流空手道には、様々な説を持つ空手家がいる。。。

ここにも一人、その空手家が・・・
我々はその師範代である大峯ケンシローと呼んでいる!!



に始まり、に終わる。」
これは、どの武道にも共通して伝えられている伝統礼義である。


No.630-① 『師範代ケンシロー伝』 (C)大峯流空手道・和歌山広報部 2013 & BoB Project 2013

勿論、ケンシロー師範代も武道家でおられ、
礼義もしっかりされている!!

道場では勿論のこと、
それは、私生活でもしっかりされている。
なので、
「礼義のないものには、礼義を教えなければならない。」という
強い使命感を持っておいでなのだろう。。。


ある日のこと、、
軽ワゴンをいつもの様に、
くるみ握力鍛錬をしながら運転していたそうな。。。

車はやがて二台の車がすれ違うにはちょっと狭い
路地に入っていた。
すると、対向車が目に入ったので、
ケンシロー師範代は車を道路側面ギリギリに寄せ
停車し対向車が行くのを待ったそうな。。。


No.630-② 『師範代ケンシロー伝』 (C)大峯流空手道・和歌山広報部 2013 & BoB Project 2013

お蔭で、対向車は待ってくれているケンシロー師範代横を止まる事なく通過!
しかし、
その対向車の運転手は、通過時にお礼のあいさつも何も無く行こうとしたそうだっ!?

『これは許せない!! 礼義がなっていないっ!!』
瞬時に怒りがこみあげたケンシロー師範代!!

対向車の運転手のところまで出向き
注意をしたところ、


No.630-③ 『師範代ケンシロー伝』 (C)大峯流空手道・和歌山広報部 2013 & BoB Project 2013

余りの怒りからか、右手に握り持ったままだった
くるみ握り割ってしまったとか、しまわないとか。。。

その、姿を見た、対向車の運転手は恐怖からか
礼義を知る事となったそうな。。。

こうして、礼義は伝えられた。

これが
後に言う、ケンシロー師範代【くるみ割り礼義伝達法】である。




     作詞:大峯啓嗣(館長) 大峯流空手道・道歌『天川への道』より





    して、して、
    今、大峯流空手道では道場生募集しています!!


    
    (C)大峯流空手道 2013 大峯流空手道・和歌山広報部 2013

興味ある方上記、館長携帯宛までお電話頂くか、このブログコメント書さい!!


同じカテゴリー(天川への道(和歌山広報部))の記事画像
作品708 大峯流空手道・和歌山広報部 第四章 【師範会賞】
作品706 大峯流空手道・和歌山広報部 第四章 【師範会賞】
作品705 大峯流空手道・和歌山広報部 第四章 【連覇女帝修行道】
作品703 大峯流空手道・和歌山広報部 第四章 【師範会賞】
作品699 大峯流空手道・和歌山広報部 第四章 【連覇女帝修行道】
作品698 大峯流空手道・和歌山広報部 第四章 【序章】
同じカテゴリー(天川への道(和歌山広報部))の記事
 作品708 大峯流空手道・和歌山広報部 第四章 【師範会賞】 (2014-07-08 20:57)
 作品706 大峯流空手道・和歌山広報部 第四章 【師範会賞】 (2014-06-12 21:42)
 作品705 大峯流空手道・和歌山広報部 第四章 【連覇女帝修行道】 (2014-05-20 00:06)
 作品703 大峯流空手道・和歌山広報部 第四章 【師範会賞】 (2014-05-05 14:04)
 作品699 大峯流空手道・和歌山広報部 第四章 【連覇女帝修行道】 (2014-04-25 20:33)
 作品698 大峯流空手道・和歌山広報部 第四章 【序章】 (2014-04-18 23:16)
この記事へのコメント
事実よりかなり控え目に書いてますなあ!!
Posted by 館長 at 2013年08月17日 01:01
館長(^^ゞ
これが、わたくしの限界です(._.)
Posted by BoBBoB at 2013年08月18日 01:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。