2010年06月20日

作品101 B.W.G.P. 2010 Part.2


in SAIPAN


わたくしBoB国籍不明ぶりを過去のエピソードから
ご紹介します、この「BoB ワールドグランプリ2010」
第2戦は南海の楽園、サイパンでの出来事ですicon01



前回(BWGP2010・Part.1)の帰り、次はリゾート地へ行こうっと、
決定し、サイパンの旅」二泊三日に出かけた!!

(今、思えばキャサリンの稼ぎのおかげで、我が家なりにバブってたんやなぁ・・・と改めて感心するik_49)


No.101-① BWGP2010② BoB Project 2010 

サイパン!!
海がきれいっ!! のんびりリゾート最高face03

しかしながら、
わたくしは、自称"悪魔の実"の能力者であり、
能力の代償に泳ぐことを奪われたik_84 即ち、カナヅチなのだicon10

でも、
海は大好き、海辺に居るだけでなぜか癒され納得するicon01

そこで、オプションで簡易スキューバーなるものを発見ik_20
ボンベを背負わず、海中のロープにたどり3メーター程潜るという、シュノーケリングのやや進化形だっicon12

「よしっ!! これならいける。カナヅチでもやれる!!」と早速申込したicon23

現地で訳の分らん書面にサインしていざっ出陣!!
チャモロ人スタッフ2人が付いてくれたik_78


No.101-② BWGP2010② BoB Project 2010

海に入って行きながら、耳抜きをする様指導される。
「あっ、あっ、あっ」と間抜けな顔をして何度もする。

全身が海に入り、海面が頭の上に来たころ、
右耳から、右後頭部にかけ激痛がっicon05


 右耳の耳抜きが出来ていないのだik_00

 小学校の時、右耳の鼓膜をずらしそのままに
 なっているのが原因と後に判明した...
 
 途中、水中ステーションなる単に大きなタライ状の物を
 ひっくり返した所で調整するが、激痛は治まらないik_00



No.101-③ BWGP2010② BoB Project 2010

結局、浜に上がることにしたicon11

チャモロ人の一人に合図し、一人浜へ上がったicon10
右側の穴ちゅー穴からは汁気が出るわでるヮで大変だったが、
間もなく激痛は治まり一安心ik_95

キャサリン部隊が帰還するまでは、暫くかかりそう。

激痛も、汁気も治まった後は、小腹が減って来たicon15
ショップがあり、そこには「カップヌードル」が売っていたので、
とりあえずこれで凌ぐことにしたik_28

ベンチで食べながら、キャサリンの帰還を待っていると、
チャモロ人に連れられ、帰って来たik_20


No.101-④ BWGP2010② BoB Project 2010

しかし、
キャサリンの様子がおかしいik_84
「えっ?えっ?何で・・・」と喚きながら横をキョロキョロしているicon10

そう、
横のチャモロ人をわたくしだと思い、
浜に上がってくるまで何の疑いもなかった様子
icon09

「途中で、チャモロの人上ったんちゃうん?」って、それはワシじゃ!!
「感じ同じやもんface09って、身内のキャサリンまでが・・・


同じカテゴリー(ぼぶろぐ (らくがき集))の記事画像
作品692 ぼぶろぐ - プロレス会場にて -
作品654 ぼぶろぐ -  鼻毛処理?! - 
作品625 ぼぶろぐ -  大阪スタヂアム - 
作品623 ぼぶろぐ - 世直シリーズ 切諫  - 白良浜㊦
作品619 ぼぶろぐ - 世直シリーズ 切諫  - 白良浜㊤
作品564 ぼぶろぐ - クリスマス「サプライズ絵本」  -
同じカテゴリー(ぼぶろぐ (らくがき集))の記事
 作品692 ぼぶろぐ - プロレス会場にて - (2014-03-22 22:41)
 作品654 ぼぶろぐ - 鼻毛処理?! -  (2013-10-12 23:57)
 作品625 ぼぶろぐ - 大阪スタヂアム -  (2013-07-26 23:51)
 作品623 ぼぶろぐ - 世直シリーズ 切諫 - 白良浜㊦ (2013-07-19 20:43)
 作品619 ぼぶろぐ - 世直シリーズ 切諫 - 白良浜㊤ (2013-07-07 23:24)
 作品564 ぼぶろぐ - クリスマス「サプライズ絵本」 - (2012-12-24 11:50)
この記事へのコメント
え−、朝早くから足跡を着けていただいて恐縮です。

きっちり寝不足ですわ…
これから出勤いたします。
Posted by Ric. at 2010年06月21日 07:45
押忍!!
Posted by BoB at 2010年06月21日 09:57
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。